革財布のメンテナンス

革財布のメンテナンス

革財布,財布メンテナンス

 

「経年変化をする革財布のメンテナンスってどうやってやったらいいの?」

 

革財布を使う際にお手入れというのは付着した汚れを落とすことから始まります。
汚れを侵入させないためには、こまめな”乾拭き”が一番簡単な方法です。

 

定期的に”乾拭き”をするといい状態で革財布を使い続けることができます。

 

 

乾拭きの仕方

 

きれいな乾いた布などで軽くなでるように磨いていきます。
強くこすると、汚れを川に押し込んでしまうことになるので、
あくまでも”軽くなでるように”するのが一番いい方法です。

 

 

革のお手入れでやってはいけないこと

 

・ 汚れた時に、ベンジンやシンナーなどを使わないこと!
  革の塗装膜をとかしたり、シミになったるするので絶対に使用しないでください。

 

 

・ 市販のクリーナーやクリームなどを使用する場合、
  革表面の仕上げ方法を考えないと、シミや色ムラを生じる場合があります。

 

 

・ メンテナンス用品を使う場合は、いきなり全体に塗らないこと。
  目立たない部分でテストして、色落ちやシミなどの確認をすることです。

 

 

・ 革が濡れた場合に、直火、アイロン、ドライヤーなどによって高温で乾かすと、
  革が硬化してしまうので絶対にやらないことです。
  革の乾燥は風通しのいい所で陰干しが原則です。

 

 

革の種類でお手入れ方法が変わってきますので、
その点をよく踏まえて革のメンテナンスを行ってください。

 

 

主な革の種類とメンテナンス方法

 

一般の牛革

乾いた柔らかい布でまめに汚れを落としてください。
乾いた布で落ない場合は、消しゴムを使うのも方法の一つです。
水に濡れたら、乾いた布でたたくように拭き取り、陰干ししてください。
最後に保革用クリームをすり込むといいでしょう。

 

 

ヌメ革

シミになりやすい革なので、新しうちに皮革用防水スプレーをして、
クリナーはゴムタイプのものを選んで使用してください。
クリームは、「ヌメ革」専用のものを使ってください。

 

 

エナメル

表面の光沢を維持するためにもお手入れの時は手袋をはめてします。
(100円均一などで販売してあります。)
普通の革よりも水に強いので、ネルなどの布を湿らせてたたくように拭きます。
クリーナーはエナメル専用のものを使用してください。
保存は、紙やビニールは避けて、ネルで包んで保管してください。

 

 

他にもたくさんの種類の革がありますが、一般的に使用頻度の高いものを例に挙げました。

 

 

革財布を購入する際、革の知識がない場合は
お店がメンテナンスしてくれたり、専用のメンテナンス用品が販売してありますので、
このような丁寧なお店を選ばれることをオススメします。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

革財布のメンテナンス関連ページ

財布ブランド
アナタは革財布の購入を検討されていますか? もし、そうだとしたら実際に購入する前にこのサイトの情報をチェックしてください。 革財布選びに失敗しないように情報提供してます!
財布のデザイン
アナタは革財布の購入を検討されていますか? もし、そうだとしたら実際に購入する前にこのサイトの情報をチェックしてください。 革財布選びに失敗しないように情報提供してます!
財布の使いやすさ
アナタは革財布の購入を検討されていますか? もし、そうだとしたら実際に購入する前にこのサイトの情報をチェックしてください。 革財布選びに失敗しないように情報提供してます!
財布の色
アナタは革財布の購入を検討されていますか? もし、そうだとしたら実際に購入する前にこのサイトの情報をチェックしてください。 革財布選びに失敗しないように情報提供してます!